本文へ移動

サイトナビゲーションへ移動

検索ボックスへ移動

サイドバーへ移動

ここは、本文エリアの先頭です。

高解像度の全球気象シミュレーションシステムNEXRA

2021/7/14に、「2021年7月上旬の梅雨前線に伴う大雨:運用を開始した水平解像度14 km気象シミュレーションシステム(NEXRA)と「しずく」衛星による解析結果」が公開されました。
本コラムでは、JAXA地球観測研究センター (Earth Observation Research Center:EORC)の活動成果についてご紹介してきました。
EORCのWebサイトには「地球が見える」という長期連載コラムがあり、画像・映像を交えた解説が公開されています。
今回はその最新記事のご紹介です。

JAXAでは2018年11月より「世界の気象リアルタイムNEXRA」のデータを公開しています。2020年にJSS2(JAXA Supercomputer System Generation 2)に代わる新たなスーパーコンピュータシステムであるJSS3(JAXA Supercomputer System Generation 3)を稼働しました。JSS2では、112kmメッシュの水平解像度で運用していましたが、JSS3では計算能力の向上により、14kmメッシュの水平解像度で気象シミュレーションシステム(高解像度NEXRA)を定常運用することが可能となり、2021年7月14日から高解像度NEXRAを公開しました。

地球観測研究センターに関わる過去のコラム記事は以下でご覧頂けます。

 

 

ここは、サイドバー・エリアの先頭です。

Language / 言語

「利用成果報告」の公開

JSS3を利用するには

JSS3 を利用するには 「利用するには 」ページをご覧ください。

おしらせ-最近の追加

活躍する計算技術-最近の追加

所在地

JAXA(宇宙航空研究開発機構) 調布航空宇宙センター
所在地 〒182-8522 東京都
調布市深大寺東町7-44-1