本文へ移動

サイトナビゲーションへ移動

検索ボックスへ移動

サイドバーへ移動

ここは、本文エリアの先頭です。

JSS3の概要

2020年にJAXAはJSS2に代わる新たなスーパーコンピュータシステムであるJSS3を稼働します。

スーパーコンピュータと共に発展してきた数値流体力学(CFD)は研究・開発からさまざまな分野での実用的で不可欠のテクノロジーに進化を遂げています。また、スーパーコンピュータの利用分野も地球観測データの処理やAIなどに広がっています。このような環境に対して、JSS3の位置付けを以下として、整備・運用を行います。

  1. 航空宇宙分野の国際競争力を強化する数値シミュレーション実行基盤
  2. 大規模データ解析基盤としてのデータセンター
  3. 新たなニーズを受け入れる研究開発基盤

 

JSS3/TOKI: JAXA Supercomputer System Generation 3

JSS3/TOKI: JAXA Supercomputer System Generation 3 イメージ

JSS3はコンピュータ基盤であるTOKIとアーカイバ基盤であるJ-SPACEで構成されています。
「TOKI」という名称は、日本の代表的な鳥である「朱鷺」、「時空」、「解き」に加え、システムが東京と茨城に設置されていることから付けられました。
TOKIの主要構成要素はTOKI-SORA、TOKI-RURI、TOKI-FSです。

ここは、サイドバー・エリアの先頭です。

Language / 言語

「利用成果報告」の公開

JSS3を利用するには

JSS3 を利用するには 「利用するには 」ページをご覧ください。

おしらせ-最近の追加

活躍する計算技術-最近の追加

所在地

JAXA(宇宙航空研究開発機構) 調布航空宇宙センター
所在地 〒182-8522 東京都
調布市深大寺東町7-44-1