本文へ移動

サイトナビゲーションへ移動

検索ボックスへ移動

サイドバーへ移動

ここは、本文エリアの先頭です。

コンパウンド・ヘリコプタの空力解析

未来のヘリコプタ、コンパウンド・ヘリコプタの空力解析

コンパウンド・ヘリコプタは未来のロータークラフトとして期待されているヘリコプタの一種です。日本ではその特性を生かした、災害救助、山岳での救難、離島からの緊急搬送のニーズが考えられ、それらに適した概念設計案の提示を目標に先導的な技術開発を行うことを目指しています。

この機体は通常のヘリコプタのような優れたホバリング性能を維持しつつ、最大飛行速度の大幅な向上(約1.8倍)が期待できます。

 

 

Compound helicopter picture03

飛行可能なコンパウンド・ヘリコプタのラジコンモデル

 

コンパウンド・ヘリコプタのような複数の回転翼周りの非定常な流れ場を解析するために、JAXAでrFlow3Dという流 体・構造連成の解析コードを開発しました。移動重合格子法を採用し、ブレードの弾性変形も同時に解析する能力を有しています。複雑な形状の胴体周りの解析 は非構造格子を埋め込み、FaSTARやTASコードのルーチンを利用しています。ヘリコプタのロータブレード以外に、プロペラやマルチロータ型ドロー ン、風車などの解析にも利用されています。

 

Compound helicopter picture02

コンパウンド・ヘリコプタ表面Cpa分布の表示

 

Compound helicopter picture01

コンパウンド・ヘリコプタ機体周りのCpa等値面表示

 

 

コンパウンド・ヘリコプタの空力解析

 

 

ヘリコプタ関連解析の紹介サイト

ここは、サイドバー・エリアの先頭です。

Language / 言語

「利用成果報告」の公開

JSS2を利用するには

JSS2 を利用するには 「利用するには 」ページをご覧ください。

おしらせ-最近の追加

所在地

JAXA(宇宙航空研究開発機構) 調布航空宇宙センター
所在地 〒182-8522 東京都
調布市深大寺東町7-44-1